instagram

BLUE SKY

 一緒に行こう。
 俺たちの未来へ。
 
 ……一緒に。
 
 
「しまった!」
 男の大声が耳に響いた。轢は瞬きを繰り返す。――彼の腕の中に、ずっしりと熱い何か。
「Azure!」
 それはAzureの体だった。轢の肩に彼の金髪が埋まる。
「きし……る……」
「Azure……」
 轢はぞっと彼の背中を見つめた。彼の羽織っていたコートが、真っ赤に染まっている。
 心臓の近くだ。もう移植はできない……手術に使えない。そんな男たちの台詞を、轢は聞くともなしに聞いていた。
「あ……Azure」
 Azureはゆっくりと顔を上げ、轢を見つめた。そして、微笑む。
「……大丈夫?」 
「Azure……」
 轢はがくがくと頷いた。顎が震えて、歯が噛み合わない。
「僕は、ダメかもしれない」
 痛そうに眉を顰め、それでも口元は穏やかな円弧を描いていた。
 ――なんで、笑ってるんだ。轢は歯を食いしばる。
「なんで……なんで……」
 問いとも何ともつかない轢のつぶやきに、それでもAzureは答えた。視線を軽く彼から外して、
「轢は、特別だから……」

 ――轢に、「代わり」はいないから。

「ち……、」
 轢は呻いた。
「違うだろ……!」
「え?」
 Azureが聞き返す。
「お前だって……お前にだって『代わり』はいねえだろ……?」
 力が抜けていくのか、Azureの体が徐々に重さを増していく。轢はずるずると座り込み、しかし彼の体を離すことはなかった。
「お前だって……特別だろ……?」
 泣いた。どうしようもないほど悲しくて、轢はぼろぼろと泣いた。
「泣かないで……」
 Azureの手が轢の頭を撫でる。
「僕は……いいんだ、これで……」
「何が、いいんだよ」
 上手く言葉にならない。
「なんで……こんなの、一緒に行こうって……約束……したのにっ……!」
「ごめんね……」
 轢はAzureの薄い肩を抱える。そうしている間にも、Azureからは少しずつ熱が零れていた。
「轢……」
 Azureが、彼の名を呼ぶ。
「僕がいなくなっても……轢は、行ってね。ぶどう園」
「ひとりで行けって……いうのかよ……」
「ううん」
 Azureは首を横に振った。轢の見慣れた、茶目っ気を含んだ表情で見上げてくる。――だが、その唇からは一筋血が垂れていた。
「あのね」
 まるで秘密を打ち明けるような口調で、
「あそこには、『青い空』があるんでしょう?」
 そう尋ねる。轢が曖昧に頷くと、Azureは嬉しそうに笑った。
「僕の名前はね……」

 ――「青い空」って意味だよ。

「だから……」
 Azureの眼が涙に滲む。
「だから……」
 轢は声もない。ただ黙って、Azureの失われていく体温に(おのの)いていた。
 ――ゆらゆらと彷徨っていた青い瞳が、焦点を失う。
「……僕は『代わり』として生まれたけど」
 薄い唇が血で濡れていた。
「でも、そうじゃないって」
 ――轢がそう言ったから……。
「誰かの『代わり』じゃない轢がそう言うから、きっとその通りで」
 ――轢は特別だから……。
「だから……轢のための『代わり』になら、なってもいいんだ……」
 ――見も知らぬ男のために死ぬよりは、ずっといい。
 満足げな笑み。それが青ざめていくのは、血がどんどん零れ出していくからだろうか。どうしたらそれを止められるのか、轢にはわからない。どれだけ自分が祈っても、やはり聞き届けられることはないのだ。足元から凍りついていくような、冷たく暗い絶望感が轢を包む。
 ――それでも、
「……Azure」
 轢の唇が、ようやく言葉を生んだ。このままでは間に合わない……Azureに届かなくなってしまう。
「ごめん……」
 頭が割れそうなほど痛む。
「ごめんな……」

 お前を守れなくて、
 お前のその瞳を守れなくて、

「ずっと、友だちでいたかった……」
「……うん」
 Azureはまるで轢を泣き止ませようとするかのように、何度も彼の肩をたたいた。
「お前と一緒に……」

 ――「青い空」を見たかった。

「お前の瞳と同じ色の、青い空のある場所へ」

 ――お前を連れて行ってやりたかった。

「……行くよ」
 Azureはそう言って手を伸ばした。血に濡れた手が、轢の胸元に触れる。
「僕はずっと……ここに」

 轢の思い出の中に。記憶の中に。
 誰の「代わり」でもない、Azureというひとりの人間の生きた証として、生き続ける。

「必ず、見に行ってね」
 Azureは囁くように轢に告げた。
「『青い空』が、」
 轢を待っているから。

 僕は、轢を……待っているから。

「Azure……」
 轢は言葉を飲み込んだ。ぱたり、と――Azureの手が、地面に落ちる。

 ――その「青い空」は、二度と光を宿さない。